ウィッグの選び方

毛の長さで選ぶ

ウィッグの毛の長さを選ぶ目安として「自毛の前髪の長さ」と「自毛のサイドの長さ」を判断基準としてお考え下さい。


●【前髪】眉が見える長さ 【サイド】耳が見える長さ
 ⇒ショートヘアが適しています


●【前髪】眉が隠れる長さ 【サイド】耳が隠れる長さ
 ⇒ミディアムヘアが適しています


●自毛があごのライン以上の長さ
 ⇒セミロングヘアが適しています


ウィッグを買う時点で「髪をカットしたばかりなのか or 今後切るのか」という事も考慮してください。

基本的に「ショート」と「ミディアム」にはセットがしやすいウェーブを入れてあります。「セミロング」には軽いウェーブが入っています。どちらもドライヤーでブラッシングすれば多少落とす事が可能です。根元からくせがあったとしてもウィッグも同じにする必要はありません。毛先に軽いウェーブは必要です。ストレートヘアよりもカールがかかっていたほうが簡単にセットができて楽です。

①自毛の前髪の長さによる判断基準ショート自毛が眉毛より上ミディアム自毛が眉毛にかかる程度セミロング自毛があごのライン以上②自毛のサイドの長さによる判断基準ショート耳が出る程度か耳に半分かかるミディアム耳が見えない長さ

ショートヘア

自毛の長さが耳が出るくらいか耳に半分かかるくらいの長さで、前髪は眉毛より上の長さの方におすすめです
このジャンルから選ぶ
01
02
03

ミディアムヘア

自毛の長さが耳が見えないくらの長さ。前髪は眉毛にかかる程度の方向け
このジャンルから選ぶ
01
02
03

セミロングヘア

自毛の長さがあごのライン以上の方向け
このジャンルから選ぶ
01
02
03

カラーで選ぶ

カラーを選ぶ際は、自毛より少し明るいくらいのウィッグをおすすめ致します。逆に自毛より暗いと違和感が出ます。


※色の違いは右記イメージをご参照ください。なお実際のウィッグの色と本サイト内の画像の色は、環境光の違いやお使いのPCモニターの個体差等で多少見え方は異なりますので、あらかじめご了承下さい。

明るい黒系栗色明るい栗色

明るい黒系

髪を染めていない場合に最適です。真っ黒ではなく多少明るめです
このジャンルから選ぶ
01
02
03

栗色

白髪染めで自毛が明るい場合に適しています。殆どの毛色にマッチします
このジャンルから選ぶ
01
02
03

明るい栗色

自毛を明るくされている場合に適しています
このジャンルから選ぶ
01
02
03

髪の分け方で選ぶ

ウイッグの分け目には、通常のネットタイプと、フレンチパートという人工皮膚タイプがあります。分け目をぼかす場合や自毛をかぶせる場合は、人工皮膚のない通常のネットタイプで問題ありません。 分け目をはっきり出したい場合は、人工皮膚を使用した地肌が見えるフレンチパートタイプが自然に仕上がります。


●分け目をはっきりと出したい
 ⇒フレンチパート(人工皮膚あり)


●分け目をぼかす、自毛をかぶせる
 ⇒通常ネットタイプ(人工皮膚なし)

フレンチパート(人工皮膚)タイプ通常ネットタイプ

フレンチパート
(人工皮膚あり)

分け目ををはっきり出したい場合に自然に見え最適です
このジャンルから選ぶ
01
02
03

通常ネットタイプ
(人工皮膚なし)

分け目をぼかしたり自毛をかぶせる場合は、こちらで問題ありません
このジャンルから選ぶ
01
02
03

右分け

髪の分け目が右側にあるタイプです
このジャンルから選ぶ

左分け

髪の分け目が左側にあるタイプです
このジャンルから選ぶ

その他

分髪タイプです。センター分け対応です
このジャンルから選ぶ

サイズで選ぶ

サイズとはウィッグベースの大きさの事を指しますが、ウィッグが小さいものほど、着用後のイメージは変わりにくいです。白髪隠しに使いたい場合はつむじから前髪までカバーできるMサイズ程度がスタイリングも楽に行えます。

Sサイズ

主につむじ部分が薄い場合はこのサイズでカバーできます。
このジャンルから選ぶ

Mサイズ

つむじからフロントまでの分け目の線が薄い場合に適しています。
このジャンルから選ぶ

Lサイズ

分け目や全体的に薄い部分の幅が広い場合に適しています。
このジャンルから選ぶ